お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2018/06/07 12:15-13:30(受付開始及び開場:12:00)
スピーカー 家森 信善
RIETIファカルティフェロー/神戸大学経済経営研究所教授
スピーカー
コメンテーター
コメンテータ・モデレータ
モデレータ 小林 浩史
中小企業庁事業環境部金融課長
開催言語 日本語
会場
〒100-8901 東京都 千代田区霞が関1丁目3番1号経済産業省別館11階
TEL: 03-3501-8398
参加費 無料(昼食をご自由にお持ち込みいただけます。)
申込み締切日 2018/06/06(定員に達しました際は、期日前に締め切らせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。)
備考 ※講演内容を引用される場合には、事務局までご一報ください。
講演概要 地域金融機関は、地域経済を支える中小企業の生産性を向上させ、地方創生を実現していくために期待されている一方、マイナス金利などの進展で、地域金融機関は存続が危ぶまれるほどの厳しい金融環境の中で、「育てる金融」が十分に展開できていないとの批判も多い。
そこでRIETIの研究プロジェクトでは全国の地域金融機関の支店長にアンケート調査を実施し、他に類を見ない3000人もの回答から、地域金融の現場の事業性評価への取り組みの現状と取り組みを進めるための課題を明らかにすることができた。
調査結果の全容は、『地方創生のための地域金融機関の役割-金融仲介機能の質向上を目指してー』(中央経済社、 2018年3月)の形で公表しているが、本セミナーでは、編著者である家森信善・神戸大教授に回答結果の中から興味深い点をいつくか紹介し、人事評価改革や外部専門家等との連携の強化などの処方箋を提示していただき、地域金融機関の金融仲介機能の質向上の取り組みだけでなく政策当局の取り組みについて考える。
講師略歴 神戸大学経済経営研究所教授、経済学博士(名古屋大学)。1963年、滋賀県に生まれる。1988年神戸大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。コロンビア大学客員研究員、サンフランシスコ連邦準備銀行客員研究員、名古屋大学教授、同総長補佐などを経て現職。中小企業研究奨励賞(本賞)、日本FP学会最優秀論文賞などを受賞。日本金融学会・常任理事、金融庁・参与、金融審議会委員、金融機能強化審査会委員などを務めている。
主催 独立行政法人経済産業研究所(RIETI)
共催
後援
協力
協賛
助成
定員
対象
内容
会場地図
千代田線霞ヶ関駅 C2出口 2分
銀座線虎ノ門駅 9番出口 4分
日比谷線霞ヶ関駅 A11a出口 3分
都営三田線内幸町駅 A7出口 6分
丸ノ内線霞ヶ関駅 B3a出口 6分

資料/ダウンロード 資料 ダウンロード
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

コンファレンス担当 二色
TEL:03-3501-8398
supportbblfriends@rieti.go.jp