お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2018/7/17 12:15-13:30(受付開始及び開場:12:00)
スピーカー スコット・ケネディ
戦略国際問題研究所(CSIS)中国事業・政治経済プロジェクト担当ディレクター
スピーカー
コメンテーター 篠田 邦彦
経済産業省通商政策局通商交渉官
コメンテータ・モデレータ
モデレータ 福永 哲郎
経済産業省大臣官房サイバー国際経済政策統括調整官(併)通商政策局通商戦略室長
開催言語 日本語⇔英語(同時通訳あり)
会場
〒100-8901 東京都 千代田区霞が関1丁目3番1号経済産業省別館11階
TEL: 03-3501-8398
参加費 無料
申込み締切日 2018/7/13 (定員に達しました際は、期日前に締め切らせていただく場合がございます。)
備考 ※講演内容を引用される場合には、事務局までご一報ください。
講演概要 過去40年の間、米中関係は経済、戦略、政治の各側面における「グランドバーゲン」(大取引)の積み重ねであった。 両国のコミットメントがまず北京で、そして最近になってワシントンで崩壊した。 今回の講演においては、両国における世論の変化など、米中関係の転換について説明し、関係の新たな礎を取り戻すべくその条件を明らかにする。
講師略歴 現職は戦略国際問題研究所(CSIS)中国事業・政治経済プロジェクト担当ディレクター。ケネディ氏は30年間にわたり中国を訪れており、中国の経済政策、グローバルガバナンス、米中関係の第一人者である。 主な著作物:『The Business of Lobbying in China』ハーバード大学出版、2005年;『Global Governance and China: The Dragon’s Learning Curve』ラウトレッジ社、2017年(編著)など。
主催 独立行政法人経済産業研究所(RIETI)
共催
後援
協力
協賛
助成
定員
対象
内容
会場地図
千代田線霞ヶ関駅 C2出口 2分
銀座線虎ノ門駅 9番出口 4分
日比谷線霞ヶ関駅 A11a出口 3分
都営三田線内幸町駅 A7出口 6分
丸ノ内線霞ヶ関駅 B3a出口 6分

資料/ダウンロード 資料 ダウンロード
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

コンファレンス担当 丸竹
TEL:03-3501-8398
conf-sbl@rieti.go.jp